恋は偶然と必然の狭間。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋は偶然と必然の狭間。

Misa Eto & Akane Moriya & more...

MENU

2017/2/18 二人セゾン 幕張個握


どうも( ´ ▽ ` )ノ

1ヶ月振りの握手。
終始お疲れ気味だったみたいですね…最後の方「私は元気です」って書いてある張り紙あったんですけど、それこそ尚更意地張ってるんじゃないかなって思っちゃいました。(笑)

今日話したかったことは「モデル」について。
やるかやらないかは別にして、本人に少しでもやる気があるなら、掘り下げて話してみるのも悪くないかなって思ってお話してみました。

5部のまとめの前に「モデル本気でやってみたい?」って聞いてみたら、力強く手を握って「やりたい!」って言ったので、じゃあそのお話しようねってなってまとめへ。

時間的にもレスポンスを貰うのは無理だと思っていたので、一方的にずっと話したら案の定全部言い終わったタイミングで時間来ました。(笑) まあ2週間後にまた聞いてみようかなって思ってます。

話した内容は大きく3つに分けると、
・白石さんやこじはるをイメージしている?
・守屋さんに合いそうな雑誌
・モデルによるグループへの還元

白石さんやこじはるをイメージしているってことに関しては、アイドルやりつつもトップモデルとして活躍する…守屋茜の在り方のほんわかしたイメージについて聞いてみたらそこは一致してました。

合いそうな雑誌に関しては、事前に、坂道ファンかどうかはあまり関係なく、女の子何人かに「守屋さんに合いそうな雑誌はなんだと思う?」っていうちょっとしたアンケートを取ってみたところ、1番多かったのがこじはると飛鳥ちゃんの「Sweet」、次に多かったのが白石さんの「Ray」だったので、前のイメージにも通ずるものがあって、それを伝えてみたところ、素直に聞き入れてくれました。

最後にグループへの還元については、やっぱり乃木坂見たらわかるんですけど、モデルメンバーはファンじゃない人も割と知っているし、特に白石さんと西野さんの影響が凄くて、今の乃木坂の女性ファンの割合が多いので、モデルになることは、守屋さん自身にとってプラスになるだけではなく、比較的女の子が少ないレーンなので、女の子のファンも増えるんじゃないかなって、そしてグループ全体も知っていくというような還元が出来るとても良い仕事であると。

という流れを簡単にしてばーって話したんですけど、お時間来ちゃって「ありがとう頑張る」くらいしかレスポンスいただけなかったので今日は本当に申し訳ないです…色々言いたそうな感じがあったので尚更です…()

さっきも言ったように、別に途中で気が変わっちゃったらそれはそれで彼女自身の決めることだからそうなった場合にはこれ以上干渉することはないんですけど、個人的にモデルに合っている人だと思うし、美意識の高さは本当に尊敬しているので、なんかそれを活かせる場所があればなって思って今日はこんな感じの話をしてみました。

とても真剣に聞いていただけたので感謝です…ありがとう。

多分会場またいでも話の続き出来ると思うんで、次の時に彼女なりの考え方を聞けたらな〜って思っています。




自分の場合、身をもって体感してる比較対象が握手に関しての考え方が尊敬出来る衛藤美彩さんしかいないんで、薄っぺらいことしか言えないんですけど、握手に対して何を求めているかっていうのは人それぞれだと思うし、合う合わないもあるだろうから、全ての人が笑顔になって満足するのが理想なのはわかってるけど、実際そう簡単にいくものではないんですよね。

初期の頃と対応が違うのは明白だし、それでもこうやって通い続けているのは、シンプルにルックスが好きなんだろうな…って思っちゃうところもあるんですけど、流れゆく変化に対応出来ずに過去に固執したり、自分の価値観に囚われすぎて自分の中で作り上げた理想を押し付けるのは、あらゆる場面において悪い作用しか起こさないと思うので、そのあたりは一旦自分の中で議論してから、言葉にして伝えるようにしています。

とは言っても難しいんですよね本当に…接触の意味を考えれば迷宮に入っちゃうので、考えれば考えるほどネガティブな方向にいっちゃうんですけど、守屋茜と向き合ってくれるヲタクは僕の周りだけでもたくさんいるので、そういう人たちを茜ちゃんには大切にして欲しいなって思います。相変わらず話を真剣に聞いてくれるところは本当にありがたいと思っているし、そこはずっと続けていって欲しい部分だと感じています。「自然体」がキーワードなのはこれからもずっと。

人気が故の宿命よ…()








ではでは( ´ ▽ ` )ノ







守屋茜

4部 3(3ループ)
5部 11(11まとめ)










うん。頑張ろ。