恋は偶然と必然の狭間。

恋は偶然と必然の狭間。

Misa Eto & Akane Moriya & more...

MENU

2019/3/19 衛藤美彩卒業ソロコンサート

 

f:id:loveamigos:20190320222413j:image

 

最高の夜でした。

 

M0:Overture
M1:狼に口笛を
M2:おいでシャンプー
M3:自惚れビーチ
MC
M4:せっかちなかたつむり
M5:シークレットグラフィティー
M6:思い出ファースト
MC
M7:無口なライオン
M8:立ち直り中
M9:意外BREAK
M10:女は一人じゃ眠れない
M11:欲望のリインカーネーション
M12:ひと夏の長さより
M13:今、話したい誰かがいる
M14:シンクロニシティ
M15:サヨナラの意味
MC
M16:アンダー
MC
M17:私のために誰かのために
EN1:雲になればいい
EN2:悲しみの忘れ方
MC
EN3:乃木坂の詩
MC
EN4:もし君がいなければ
WEN1:ロマンスのスタート

 

ライブが始まる前から会場の人の多さを見て、これだけの人が衛藤だけを見にきてるんだなって思うととてもしみじみしました。Overtureの時に会場が真っ赤になったのを見て尚更思いましたね。

 

とても緊張してたんだなっていうのは序盤から伝わってきて、Twitter見てても色んな意見があったけど初ソロライブでいきなりこのキャパでやるってことを考慮したら充分すぎる内容だったと思います。今までの乃木坂のライブとは違った雰囲気だったし、アーティストのライブみたいな感覚でとても楽しかったです。

 

個人的にはアッパーチューンに変わってからアンコール前までがお気に入りの楽曲ばかりだったので、今までの思い出とか頭に浮かべながら聞いてたら色んなことがあったなってしみじみと感じてました。

 

ソロコンサートとソロ曲、数年前に話を聞いたこともあったけど、長い目で見て自分が本当にやりたいことに対して今の自分に何が足りないのか、目標や夢との差分を埋めるためには小さな目標をどのように設定すればいいのかっていうことが自然にできる人だと思ってて。

それに対して諦めることなく努力し続けること、それはファンのみんなや周りの人のおかげって衛藤は言うけど、そんな姿見てたらこっちだって自然と応援したくなるのは必然的だと思います。

歌詞間違えて悔しがってたけどそれでいいんです、こっちは甘やかして甘やかして衛藤が気持ちよくなれば満足だから(笑)

それもこれも普段の衛藤の頑張りに対して尊敬してて、甘やかしても自分の力で頑張れる人だって理解してるからこそ出来ることだと思ってます。

 

自分の人生の中でもとても美しくて綺麗な景色を見させて頂きました。衛藤美彩には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

衛藤に対する想いは衛藤が卒業してから、最後のブログでちゃんと残したいなって思ってます。

 

ひとまずお疲れ様でした。

ちょっとだけ衛藤の話。

 

しばらく更新してなかったのを色んな人に突っ込まれて、楽しみにしている人も多いんだろうなって思いました(嘘です、すみません←)

 

今回の個別出ないって決まった時にモバメで1回送ってきてくれて、「今回は」シビアな状況になるかもしれない、それでも見守ってて欲しいって言ってたけど、「今後も」だろうなって思ってて、少なくともまだまだ仕事増え続けるのは確定事項な気がします。

 

卒業させないために免除にしてる、個別の完売総部数が規定に到達したから免除にしてるとか色んな憶測あると思うんですけど、アイドルやってる上で握手は副次的な仕事だと思うので、本業に影響及ぶくらいだったら休んでもらった方がいいと思います。

 

衛藤は本当にファンのこと大事にしてくれて、こういう状況になって自分のファンが減らないかどうかって心配してるけど、その気持ちがあるだけでこっちとしてはありがたいし、この状況になっても昔から今もずっと応援してくれている人のことを大切にして欲しいなって思います。新規のファンの心を掴む部分に関しては天才的な才能持ってるんでそこは心配してないんですけどね(笑)

 

テレビとかネットで衛藤のことは沢山目に入るようになったし、見てるだけで楽しいんで、もっと有名になっても変わらずそのままでいてくれればっていつも思ってます。

 

卒業についてはむしろ考えてる方だと思うんですけど、僕が思うには、単純に歌って踊ってアイドルしてるのが楽しい、それに加えてアイドルの間は自分の今後の人生の道を決める上では型にはまらないで色んなことが出来る期間だから、そこを上手くというかちゃんと使って自分の身の置き方を考えてて、でももう割と身の置き方は固まりつつあるけど、まだ独り立ちできる自信がないから色んなことに挑戦しているんじゃないかなって思ってます。ここでもう身の置き方が決まってて卒業の話が水面下で進んでたら面白いですけどね(笑) それはそれで自分に自信が持ててるってことだから、そこがあれば今後も芸能界で生き残っていけるんじゃないかなって思います。卒業はゴールじゃなくてスタートですから、スタートダッシュするためのウォーミングアップを入念に行ってるって考えてると、流石だなって思います(笑)

 

とにかく衛藤のことはずっと好きだし、卒業してもずっと応援していくので、体調崩すことなく元気に活躍してくれることを願っています。

 

とりあえず衛藤との約束がちゃんと実現するように頑張らなきゃな、、って思ったけど衛藤に先越されそう(笑)

 

f:id:loveamigos:20181109221715j:image

 

 

2018/5/6 シンクロニシティ 幕張全握

 

生駒が最後って事で人たくさんいましたね。

卒コンのライブビューイングも見に行ってないし、今回の卒業セレモニーも見てないから全然実感湧かなくて、でも実感湧かないのはそれだけじゃなくて、多分生駒が卒業を頭に浮かべた2015年の時の神宮の時点では、まだ自分がオタクじゃなかったからかなって思いました。

乃木坂がここまで来るのにずっと矢面に立って登り続けてきたスーパースターが、自分の目の前を嵐のように過ぎ去っていったような感覚でした。今までありがとうございました。そしてこれからは乃木坂のためだけじゃなくて自分のために、自分の歩む道を楽しんで幸せになってください。

 

 

セクシーで美人で、、ってなると、どうしてもオタクの衛藤に対するイメージがそうなっちゃうから、毎回のように険しいレポが見られて、正直衛藤は大変そうだなって他人事みたいになっちゃうんですけど、最近の握手会の様子を見るとそういう感想です。

握手で話す内容は人それぞれだと思うし、険しい内容話そうが、握手会の度に花を送ったりとか、それはその人なりの考え方だから、別に全く否定するわけじゃないんですけど、衛藤の魅力ってもっと違うところにあると個人的には思ってます。

今の自分の衛藤に対するイメージは「近所の子持ちのお姉さん」って感じです(笑)

頭の回転めちゃくちゃ早いし、親身になって話聞いてくれたり、自分から考えて話してくれることも沢山あったりするから、本当に頼りになるお姉さんです。そういう所を本当はレポにして伝えるべきなんだろうけど、どうしても個人的な部分がほとんどになっちゃうから、うまく書けないんですよね、、難しい。(笑)

でもそういう部分って昔から来てるオタクとか、ある程度まとめてちゃんと話してるオタクとかはちゃんと把握してると思うので、自然と衛藤もそういうオタクを大切にしてるんだなって最近感じてます。もちろん新規も大切にしてるけど、それとはまた違った接し方をしてくれるから、そういう部分も尊敬出来るなあって思ってます。

 

この前衛藤から感謝の気持ちを伝えられました。本当はこっちがいくら感謝しても全然足りないくらいなのに、申し訳なかったです。でもそういうふうに思ってくれてたって思うと、通ってて良かったなって思いました。

 

また来月よろしくお願いします。

 

f:id:loveamigos:20180508155655j:image

 

ストレート可愛すぎ問題。

 

 

 

 

 

 

乃木坂46 19thシングル いつかできるから今日できる 総括

 

1/8 いつかできるから今日できる 幕張全握

1/18 舞台 三人姉妹 夜公演

1/20 いつかできるから今日できる 名古屋全握

1/21 いつかできるから今日できる 名古屋個握

1/28 いつかできるから今日できる 東京個握

2/3 いつかできるから今日できる 東京個握

2/25 いつかできるから今日できる 横浜個握

3/17 いつかできるから今日できる 東京個握

 

アイドルなんですけど、もうアイドルの枠には収まらないです。天空の世界にいる人なのにそう思えたこと、そう思える人に出会えたことを心から幸せに思います。

 

「20枚目来るの?」

「うん、少しだけど行くよ。」

「良かった。安心したよ。」

 

これからも色んな姿見ることが出来るのを本当に楽しみにしています。

 

f:id:loveamigos:20180321204706j:image

 

 

2018/3/17 いつかできるから今日できる 東京個握

 

衛藤のオタクと話すことはもちろん価値のあることだけど、他推しの人から聞く意見も本当に参考になるし、新規がどうとか古参がどうとか関係なく、好き嫌いはあるかもしれないけど意見に耳を傾けることは大事だなって。

 

やりたいことが見つかってるんだったら、乃木坂でやりたいだけがむしゃらにやって、その先の夢を追いかけてほしいなって思ってたけど、それはあくまでこっちの理想論を勝手に創造して押し付けてるだけなのかもと、ある人の話を聞いて思いました。

 

芸能界に進むというのが今のところ軸にあるなら、乃木坂である程度スポットライトに当たって、世の中の1人でも多くの人の目に触れられることが、この先の道に進む上で大事なのかもなって考えた時期もあって、スポットライトの当たる場所はセンターが1番だから、長く乃木坂に残って周りのメンバーがそれぞれの道に進むのを待つのも1つの選択肢として存在するなって思ったけど、衛藤の色んな活動を見てきた自分の目から思うことは、別にスポットライトに当たらなくても、衛藤自身の実力で生き残ることが出来ると思ってます。AKBとかを見てればわかるけど、スポットライトの当たり具合とかは進む道に関係ないし、その道における才能とか実力が無ければ生き残っていくことが出来ないですよね。

 

前みたいにこっちも頑張って衛藤と一緒に発信しなければ広まらない状態じゃなくて、衛藤1人で発信すれば色んなところが反応してくれる土台はある程度出来上がってきたから、乃木坂にいる間の自分を思う存分楽しんで欲しいなって。さらに高みを目指している部分についてはもう何も言うことがないので、そのまま突っ走ってほしいと願っています。支えてるとか支えられてないとか力になれてるかどうかなんてそれはエゴを押し付けてるだけだと思うし、一緒に今を衛藤と楽しめれば衛藤が1番喜んでくれると思ってます。

 

あれ、なんかこの日の話してなかった。今からします。

 

初めての握手スタイルを体験したけど心が暖まったし、本人は謙遜してたけどやっぱり軸として衛藤が大きな存在だって改めて気付かされました。いつも見守ってくれてありがとう。

 

しばらくというかこれから先はもう今の状況じゃ続けられる気がしないので、握手は本当にたまに行くくらいにしようかなって感じました。体力も心もお財布も疲れたみたいです。(笑)

 

お疲れ様でした。

 

守屋茜ちゃんは相変わらずぶっちぎりで可愛かったです。

 

 

3部 衛藤美彩 3 (3ループ)

4部 衛藤美彩 1

5部 衛藤美彩 2 (2まとめ)

 

 

f:id:loveamigos:20180318203141j:image