恋は偶然と必然の狭間。

恋は偶然と必然の狭間。

Misa Eto & Akane Moriya & more...

MENU

2018/2/3 いつかできるから今日できる 東京個握

 

名古屋の時はこっちの将来の話がメインだったので、今日は衛藤さんの将来の話をメインにしました。

 

女優の道を進みたい。

 

去年の今頃じゃ明確にやりたいこと決まってなかったし、そのやりたいことに対しての自信もなかったように感じてたから、1年で大きく変わったんだなあって感じました。

 

生田さんみたいな舞台女優、今の深川さんみたいな画面越しの世界で女優、どちらにも違った魅力があると思うし、敢えてどっちかに特化する必要もないと思うから、とりあえず芸能界に残ってやりたい道を模索していくのも、アイドルじゃないのであれば遅くはないと思っています。僕としては女優業をやりたいと明確に決めてるのに対して驚きましたし、自分に対してちゃんと向き合ってくれたことに関してとても嬉しかったです。

 

でも女優業だけを極めるんじゃなくて、例えばの話で衛藤さんから吉高由里子さんって言葉が出てきたんですけど、番宣の時にバラエティに出て活躍できるだけじゃなくて、長期的・定期的にバラエティにも呼んでもらえるような女優さんを目指してみたいってことでした。前に秘密のケンミンSHOWに出たのも多分楽しかったんだろうなあって思ったし、乃木の他メンもバラエティで活躍している姿を、衛藤さんも見てるだろうから、そこから何かのきっかけが生まれたのかもしれないですね。

 

ちょっとモバメの内容になっちゃうかもしれないんですけど、アイドルの枠に収まらない域に達して来ているのはファンだけじゃなくてプロの方も認めてることだから、次のステージに挑戦する土台は十分すぎるほど出来上がってると思います。自分がとやかく言えることなんて本当に無いし、衛藤美彩のやりたいように衛藤美彩の人生を幸せに生きて欲しいなと、、本当に思います。

 

もしかしたら雑誌とかのインタビュー読んだら将来の話のこと出てきてるのかもしれないけど、目で見て耳で聞いて感じるものが1番ストレートだと思うので、将来の明確なプランを聞けて良かったです。

 

これを聞いてすぐ卒業に繋げるのはナンセンスだと思うし、まだまだ乃木坂でやりたいことあるのは分かってるから、あくまでも今回聞いたのは遠い将来の話で、近い将来の話はドームツアーとか海外公演?とか地元大分でイベントやるとかそこは色々あると思うので、しばらくは乃木坂46衛藤美彩を近くで見ていたいなって改めて思いました。

 

卒業する日もそう遠くはないだろうなあって今日感じたから、毎回毎回会えることに感謝して今後もオタクしていきたいなって思いました。名古屋の話と今日の話を組み合わせて深くまで掘り下げた話を今年のどこかでまとめて時間取って話そうかなと思っています。最初で最後の魂のまとめの準備始めます。(笑)

 

 

3部 衛藤美彩 1

4部 衛藤美彩 6 (6まとめ)

5部 衛藤美彩 1

 

 

 

 

 

 

 

f:id:loveamigos:20180203223651j:image