恋は偶然と必然の狭間。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋は偶然と必然の狭間。

Misa Eto & Akane Moriya & more...

MENU

乃木坂46 16thシングル サヨナラの意味 総括


どうも( ´ ▽ ` )ノ




11/23 サヨナラの意味 幕張全握
12/17 サヨナラの意味 名古屋全握
12/18 サヨナラの意味 名古屋個握
1/22 サヨナラの意味 幕張個握
3/4 サヨナラの意味 幕張個握
3/12 サヨナラの意味 幕張個握




12/8 乃木坂46 Merry Xmas Show 2016 ~選抜単独公演~ Day2
2/22 乃木坂46 5th Year Birthday Live Day3





券全然使ってないし、衛藤さんとも大した話はしてないから総括書こうか迷ったんですけど、まあとりあえずってことで…。





衛藤さん個人に関してのことは年明けてから目まぐるしく変わっていったかなと思っています。ある意味16thの期間は動きがなかった印象が大きくて、17thの制作期間になり始めてから、フロント、舞台、ユニット、声優などなど…こうやって文字並べてみたら本当に沢山のお仕事貰えてるんだなって感じています。こういう状況になると活動を続けていく上で2つの側面が生まれると思ったので、両側から握手会で少し触れてみました。

1つは仕事が忙しくて疲れてしまわないかっていうことで、これに関しては「みんなの笑顔が見たいんだよね。」って幸せそうな顔で答えてくれて。今の環境が幸せと思えるなら、こっちとしてもただ嬉しい感情しかないので、体調崩さない程度に頑張ってくれれば…と思っています。

もう1つは仕事が忙しすぎて自分自身と向き合う時間がなかなか確保出来ないっていうことだったんですけど、こちらに関しては割と深刻な感じなのかなって自分の中では思っていました。

ですが、モバメを見て少し安心したんですよね。余計な心配はしなくてもいいかなって思いました。

やっぱりどんなに人気が上がったとしても「マイペース」とか「自由」ってワードは重要だと思っているので、気張らずに衛藤さんらしくやってくれればなと思っています…本人からは、言いたいことは分かるけど難しいよねって言われましたけど…(笑)





今回のラスト握手の時に衛藤さんから伝えてくれたことは、マイペースにヲタクしてる自分にとってもすっと心が楽になる言葉でしたね…結局いつも恩返ししなきゃって思っても、衛藤さんが与えてくれるものが大きすぎて…色んな形で恩返ししたいなって常常思っています。





この記事書いていながら、あんまり具体的に書くことないなと思って、反対に抽象的に考えてみたら、この期間見てて僕が思ったのは「安心感」と「乃木坂への愛」かなと思いました。

「安心感」に関しては、凄いことなんですけど、選抜の常連としてグループの前の方で常に活躍してる安心感に加えて、停滞することなく、調子に乗ることなく、危機感をもって常に上を目指し続ける姿という安心感も沢山感じたなと…だからいつも安心して見ていられるんですよね。「現状維持は衰退への第一歩」っていう言葉を僕は割と芯の部分で受け止めているんですけど、そういったニュアンスが衛藤さんの中にも大きくあるんじゃないかなって思っています。それに加えて、表紙やったBRODYのインタビューで、私が乃木坂のメンバーの中で誇れるものは「ファンの方との絆」ですって言ってたのがとても印象的で。多分これは昔から変わってないんだろうなと…頼ってくれてもいいんだよっていうのがこちら側の意見ですけど、アイドル側が頼るってなかなか出来ることじゃないなって思ってて…モバメや握手会で素直に話してくれる、ある意味安心感に値するものも今回は色んな場面で感じたかなと思いました。

「乃木坂への愛」。乃木坂のメンバー、ファン、支えてくれる全ての人が好きだから…っていつか言ってたような気が(多分)するんですけど、それは握手の会話の中でも度々感じていましたし、最近はグループに対する視野が本当に広いなと…なので新しく入った3期生との相乗効果が地味に楽しみだなって思っています。





16thも本当にありがとうございました。
17thまたよろしくお願いします。