恋は偶然と必然の狭間。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋は偶然と必然の狭間。

Misa Eto & Akane Moriya & more...

MENU

2017/2/22 乃木坂46 5th Year Birthday Live Day3


どうも( ´ ▽ ` )ノ




Aゲート 200レベル 213扉 14列




【セットリスト】

M00 OVERTURE
M01 太陽ノック
M02 おいでシャンプー
M03 今、話したい誰かがいる
M04 春のメロディー
M05 扇風機
M06 ぐるぐるカーテン
M07 水玉模様
M08 涙がまだ悲しみだった頃
M09 音が出ないギター
M10 やさしさなら間に合ってる
M11 渋谷ブルース
M12 シャキイズム
M13 他の星から
M14 初恋の人を今でも
M15 気づいたら片想い
M16 何もできずそばにいる
M17 その先の出口
M18 私、起きる
M19 ハルジオンが咲く頃(3期生ver.)
M20 白い雲にのって(3期生ver.)
M21 ハウス!(3期生ver.)
M22 なぞの落書き
M23 傾斜する
M24 誰かは味方
M25 あらかじめ語られるロマンス
M26 立ち直り中
M27 もう少しの夢
M28 別れ際、もっと好きになる
M29 隙間
M30 大人への近道
M31 憂鬱と風船ガム
M32 釣り堀
M33 光合成希望
M34 空気感
M35 口約束
M36 かき氷の片思い
M37 低体温のキス
M38 命の真実 ミュージカル「林檎売りとカメムシ
M39 僕だけの光
M40 二度目のキスから
M41 君に贈る花がない
M42 何度目の青空か?
M43 君の名は希望
M44 きっかけ
EN1 ロマンスのスタート
EN2 そんなバカな…
EN3 乃木坂の詩
EN4 ガールズルール



まず会場入って思ったのは、メインステージがめっちゃご立派になっているってことでした。

特に前回のバスラに関してはただ全曲歌いました感が強くて、演出に関してだいぶ厳しい意見を言っちゃったと思うんですけど、今回ライブ始まって、目でも耳でも沢山楽しめるなって感じました。

ところどころ演出凝ってる部分が見受けられて、またライブ行きたいなって前回よりも強く思いました。

1番印象に残ったのはステンドガラス?の色が綺麗だな〜って、メンバーよりそっち見ちゃってました(笑)

後はオーケストラの生演奏良かったですね。
ついついサイリウム振るの忘れてて聴き入っていました…あれ聴くとピアノ弾きたくなっちゃうんですよね(笑)(昔は弾けました)




衛藤さんに関しては安定の可愛さでした。連番相手に衛藤さんが近くに来る度にずっと可愛いって言ってましたごめんなさい。()

レスには無縁の席だったので、ある意味振り切ってライブ見れてたかなって思っています。

誰かは味方、今誰、空気感などなど…割と衛藤さんの歌声が聴ける曲が今日は多かったと思うので、個人的には大満足です。

推し全肯定ヲタク()なので、ライブで衛藤さんが笑顔で輝いていれば僕は満足ですし、その姿が今日も充分見れてお腹いっぱいです( ´ ▽ ` )ノ

ただひとつ思ったのは、ライブ中に結構過去の映像流れてきて、別に懐古したい訳では無くて、あの時に自分がどういう感情だったのかっていうのが思い返せないから、古参とかにこだわるわけでは一切ないんですけど、やっぱり初期から見続けていくことには意味があることなのかなって改めて感じました。

その点欅は初期から見続けてさせていただいて、環境には恵まれているので、結局は乃木欅どっちも見続けていくよっていうことを今日のライブで更に意識し始めました。




後は少し気になっていた3期生を初めて生で見れたこと。

既に人気の高い美月ちゃん、与田ちゃん、久保ちゃんは本当にポテンシャルの塊だなって見受けられて。

でも自分が気になったのは、梅澤美波ちゃんでした。3期生のライブ中はずっと美波ちゃんを見ていました。

そもそもルックスが好きで。まあ衛藤さんと守屋さんみたいな感じがタイプだっていうのを知っている人には、明らかにタイプだってわかると言われました。(笑)

それに加えて、元々彼女の紡ぐブログの文章が好きで、3期生のブログは美波ちゃんだけ全部見てました。ファンの人を凄く大切にしているなっていうのが伝わってくるし、自分に厳しく色んなことを乗り越えていこうっていう強い意志が感じられました。

今日初めて生で美波ちゃんを見て、スタイルが良すぎるっていうのが第一印象で、まだまだ荒削りだけど、長い手足を生かした表現が出来たら凄く面白そうな子だなって見てて思いました。

推すかどうかってところになると…とりあえずこれは自分の中に留めておきます。(笑)




✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄




橋本奈々未さんご卒業おめでとうございます。

一時期橋本奈々未さんと深川麻衣さんと衛藤美彩さんの3人の中で推しを誰に絞ろうか考えていた時期を思い返せば、今現在唯一残っている衛藤美彩さんを推しているのも運命の悪戯なのかなと感じています。

ありがとうとか感謝していますとかいう感情ももちろんあるんですけど、1番に思うのは「お疲れ様でした」という感情かなって思っています。

表向きにはあまり伝わらないかもしれないんですけど、メンバーに与えていた影響力っていうのはかなり大きなものであったと思うし、桜井玲香さんも「ななみんの言葉には説得力がある」「ななみんに褒められると嬉しい」って言っていたので、しばらくはグループの中でも奈々未さんロスが起こるんじゃないかなって感じています。

たとえ他の人からアドバイスを貰ったとしても、それをストレートに受け取るのではなく、自分のオリジナルに書き換えて自分の中に取り入れているから、橋本奈々未という芯の通った1人の人間が成り立っているのではないかなって思っています。

5年半のアイドル生活も、あらゆる場面において橋本奈々未を貫き通した結果が生み出したものであると感じているので、それに対して「お疲れ様でした」って一言卒業に言葉を添えたいなと思います。

またいつか何処かで会いましょう!

幸せになってください。



✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄



同い年の奈々未さんがついに卒業して。あのステージを見て思うことは本当に色々あったと思います。
深川さんの卒コンが終わってから、モバメで長文で伝えてくれた事。今でもはっきりと覚えています。
また改めて同じこと感じたんじゃないかなって心の中で思っています。

御三家がどうとか特に92年組が絡んでくる曲とかになると色々な意見が沢山あるけど、多分本人達が一番その括りを気にしていないと思うし、奈々未さんがいなくなったからどうだっていうのは、シンプルに互いに同い年として与えていた影響力の強さを改めて感じることになるのかなって思っています。

今応援していることのゴールがどこにあるかって聞かれたら、僕は「衛藤美彩さんの夢が一つずつ叶っていく姿を見ていきたい」って答えます。

それが乃木坂46の中であっても、乃木坂46を卒業してからであっても同じことです。

そのために自分に出来ることは何かを考えながら、今は乃木坂46のメンバーとして輝いている衛藤美彩さんの姿を見続けていきたいと思います。

前日に今年の目標として教えてくれた一つの舞台のお仕事が決まりましたね。本当に一つ一つ自分のやりたいこと叶えていく姿はずっと変わらないままで、また尊敬の念が増しました。

可能な限り自分の目で舞台上で輝く衛藤美彩を見たいなって思っています。

ワクワクすること増えた(^^)



✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄



流れゆく変化に対応していくって大事ですね。

ではでは( ´ ▽ ` )ノ