恋は偶然と必然の狭間。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋は偶然と必然の狭間。

Misa Eto & Akane Moriya & more...

MENU

2016/8/30 真夏の全国ツアー 神宮千秋楽


こんにちは~( ~´ω`)~

 

f:id:loveamigos:20161110133911j:image


神宮3日間お疲れ様でした。
千秋楽は晴れて(思いっきり曇り空)良かったです。

 

 

 

3日目 スタンド 1塁側 34段


f:id:loveamigos:20161110134007j:image


1日目2日目とアリーナで入ったのでスタンドからの景色はかなり新鮮でした(ただ遠いだけ)

10thシングルから15thシングルまでぶっ通しの千秋楽。

衛藤さんが選抜の端っこから常連と言われるまで上り詰めた(最初から上り坂)、そして13thではフロントメンバーになったという大きな成長となった期間だなと感じました。

僕自身はこのあたりから乃木坂のヲタクをやり始めたので、自分自身のヲタ活も振り返りながらというかなりエモい(エモい)感じで曲を聴いていました。

そんな中で地方行った人から聞いて凄く凄く楽しみにしていた「魚たちのLOVE SONG」の深川さんポジは神宮でも同じように衛藤さんが務めていました。

透き通る美しい声、セクシーさを持ち合わせた余裕のあるダンス、衛藤美彩を存分と味わうことが出来た時間でした。

そしてそしてなんといっても13thシングル表題曲「今、話したい誰かがいる」。

去年の神宮は行っていなかったので、初めてフロントメンバーとして歌ったこの神宮球場での初披露の瞬間が見れなかったのは後悔が残っていますが、聴いていたらつい涙腺が緩んでしまいました。

確かに今はシンメトリーの位置に深川さんがいないかもしれない。(この日は堀さんが深川さんポジを担当)

でも確かに2人が共に初めてフロントとして作り上げたこの曲への思いは伝わってきました。

全力でみさちゃんの名前を言える幸せを噛み締めながら、深川さんの顔を思い浮かべながら、寂しさよりは深川さんの所にいる堀さんに大きな期待を持ちながら聴いていました。

本当に、本当にいい曲ですね。

その他は個人的にとても好きな「あの日、僕は咄嗟に嘘をついた」、「羽根の記憶」を聴けたのもとても嬉しかったです。

飛鳥ちゃんの涙、完全復帰して3日間やりきった玲香さんなど、色んな壁を乗り越えて2016年の全国ツアーが無事に終わったこと本当に嬉しく思います。

メンバーのみなさん、スタッフのみなさん本当にお疲れ様でした。

沢山の素晴らしい景色を見せてくれた衛藤美彩さん。

ありがとうございました。

でも見たい景色はずっと先にある。

まだまだこれから。

更に高みを目指していきましょう(^^)

 

f:id:loveamigos:20161110133842j:image

 

 

ではでは(・×・)

 

Congratulations for Nogizaka 46.