恋は偶然と必然の狭間。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋は偶然と必然の狭間。

Misa Eto & Akane Moriya & more...

MENU

2017/3/12 サヨナラの意味 幕張個握


どうも( ´ ▽ ` )ノ




思ったより空いてて良かったです…(笑)

先週は最近あった出来事の話、今週はちょっと踏み入った話をしたかったので、個人的には満足な1日でした。




この日を迎えるにあたって、最近来た長めのモバメとブログを見返して…やっぱり人間誰しも完璧を追い求めるには限界があって、追い求めることによって自分を追い込んでしまうと思うんです。衛藤さんも何でもそつなくこなす人に見えて、たまに見せるおっちょこちょいな部分だったり、抜けてる部分を見ると、衛藤美彩って可愛いなって人間らしさを感じるんですよね。

人気が上がることによって、より多くの人の目に留まることになる訳だから、要求も増えるしそれに対して応えなきゃいけない事も増えて…少しいっぱいいっぱいになってるのかなって今日のニュアンスで伝わってきました。

衛藤さんが対人の関係を大事にしているからこそ、気張らずに少しは自分のやりたいようにマイペースに考えることって重要だと思っていて、そんなこんなを言ってみたんですけど、「言いたいことはわかるけどまあ難しいよね…(笑)」って言われて…あの人が自分で決めて進んでいる道は間違っていないし、そのままの衛藤美彩が好きだからって思ったんですけど…確かにこれは正解のない問題なんだろうなあって改めて感じました。

たかが1人のヲタクだし、もう5年以上アイドルやっている人に偉そうに何か言えることは当たり前ですが到底出来ることじゃないんですけど、自分が感じたことは自分なりの言葉で衛藤さんに伝えるようにはしていて…だけどあの限られた時間で伝えたいことが伝わるのは本当に難しいと思うし、このアイドルの世界の中で、言いたいことはわかるんだけど、ヲタクが時間を確保しないで言葉を選ばずにメンバーに言いたいことを伝えたことで、メンバーとヲタクの間に大きな溝が生まれてしまった出来事を知っているからこそ、衛藤さんに何か伝える時はたった一言でも、伝えたいことが一番伝わる言葉を選んでお話するようにしています。

今日の最後の握手の時に伝えてくれたことは、マイペースにヲタクしてる自分にとっては1番嬉しいことだなって思いましたし、17thもある意味一匹狼で気楽にヲタクしていこうって思いました。




通ってから初めて頭ポンポンされたけど、色々抱え込んでいるの察されたんですかね…本当は抱えてるものを衛藤さんに相談したいくらいなんですが…いくら時間があっても足りないです(笑)




会ってくださった方々ありがとうございました!




では( ´ ▽ ` )ノ





衛藤美彩

3部 1
4部 1
5部 2(2ループ)





欅坂46 3rdシングル 二人セゾン 総括

どうも( ´ ▽ ` )ノ




12/17 二人セゾン 名古屋個握
守屋茜×17

12/18 二人セゾン 名古屋全握
守屋茜×鈴本美愉 ×2
潮紗理菜×影山優佳 ×1

1/21 二人セゾン 幕張全握
守屋茜×影山優佳 ×5

1/22 二人セゾン 幕張個握
守屋茜×6

2/18 二人セゾン 幕張個握
守屋茜×14

3/4 二人セゾン 幕張個握
守屋茜×14
渡邉理佐×1




ずっと行きたいって言っていたフロントに初めてなって。ライブ行けなかったのが心残りなんですけど、それでも映像として残っているものは見返して、守屋さんがフロントで輝いてる姿見て、振り返ってみるとフロントに立てて良かったね…って改めて思いました。

何人かの方が口を揃えて言っていたんですけど、推し補正抜きでこの3rdの期間で1番伸びたのは守屋さんであると。僕も全く同じことを感じています。

きっかけはけやかけの運動会を始め色んなところであったと思うし、「軍曹」キャラがある程度定着して、テレビやメディアの選抜(っていう言い方が正しいかどうかはわからないけど)に選ばれることも多くなって、副キャプテンに就任して…次のシングルの個握の状況は3rdが始まった時には全く想像していなかった事態なので、こちらとしては嬉しい悲鳴になっています。(笑)

別に個握が取れなくなるのは嫌ではないしむしろ望んでいたことで、あの子が沢山の人に見つかってそしてその人たちが会いに行ってくれるのは、綺麗事に聞こえてしまうかもしれないんですけど、本当に嬉しい事だと思っています。

ただ1st2ndの時に危惧していた、キャラを変えることによって離れていくファンも少なからずいるんじゃないかっていう僕が想像していたことが徐々に起こり始めているのもまた事実です。

これは必然的に起こるものだと思っていたから致し方ない部分だと思います。初期の頃のあの子を見て好きになった人は、昔を懐古したくなるのも頷けるんですけど、その初期の頃に違和感しか感じていなかった自分としては、今の姿こそ見ていて好きだなって思うところが沢山あります。

去年の年末に彼女が僕に伝えてくれたこと、それは本来の守屋茜の姿であったと思うし、あの子がヲタクに気を取られすぎて自分を見失ってた1st2ndの頃を考えれば、今守屋さんが自分で決めて進んでいる道は間違っていないと思うし、あの子らしく自由気ままにやって、その姿を受け入れて推してくれているファンを大切にしてほしいなって感じています。

もちろんただ自由にやるだけじゃなくて、色んな人に見つけてもらうために工夫する事も必要だと思います。ただ自由≠適当なので、厳しいことを言ってしまうかもしれないんですけど、今のあの子を受け入れられずに離れていく人は「キャラ」の守屋茜が好きだったのかな…と思っています。

守屋さんは凄く考える子なので、道を変えた反動が起こってくるとまた自分がいけないのかなって思い悩んでしまうかもしれないんですけど、3rdの彼女の活躍を見れば素晴らしかったなって思うし、ここまで辿り着いた今までの道は無駄ではなく、もがき苦しんでも逃げずに自分自身と向き合った大切な時間であったと思うので、守屋さんには今の自分に自信を持って欲しいと思うし、その考えることを継続しながら、4thシングルは裏センターとして活躍して欲しいなと感じています。選抜発表の時に副キャプテンの話になってたんですけど、そこは過大に意識しなくていいかなと。正直副キャプテンになってどういう効果が生まれるのかが自分は想像出来ないので、そのあたりもワクワクしながら見ていけたらと思っています。

この3rdの期間でも守屋さん自身の話がメインだったんですけど、途中で少しモデルっていうワードにも触れてみて。モデルの話してる時本当に目がキラキラしていたし、やる気は伝わってきたので、今後どうなるかは楽しみにしておきます。最近は守屋さんの美意識の高さが女の子にちょっとずつ見つかってきてるなって感じていて、言われなくても美を追求することに関しては彼女が好きでこだわっている部分なので、もっとそこを前面に出していくのも悪くは無いかなって思っています。





今回まとめで長く話すことが多くて、ほとんど自分が喋る時間に使ってしまったのは申し訳ないなって思っているんですけど、それでもしっかりと話を聞いてくれて受け止めてくれて本当に感謝しています。

結論はどんな茜ちゃんも好きなので、あの子がどう変わろうが、多分ずっと見続けて行くと思うし、味方であり続けたいなって思っています。口酸っぱく「自然体」っていう言葉を使ってるから、嫌になってるんじゃないかなとか思ったこともあったんですけど、全然そんなことなかったみたいで、今年もこのワードはメインテーマになるんじゃないかなって思っています。少なくともこの話題はまた4thでも持ち込み案件になるので()

握手もいい感じで適当()になってきてるし、自由で等身大の19歳を感じられることも多くなったから、やっぱり年下なんだなって最近よく思っています。(笑)

衛藤さん推しとしての自分から見ると、昔は衛藤さんに似たフィーリングだったかもしれないけど、今じゃ全く握手対応は違います。(笑)

興味無さそうな話は本当に食い付き悪いし()、逆に興味ある話はめっちゃ真剣に話聞いてくれるし、わかりやすいのもなんだか面白いなって思っているんですけど、さっきも言ったようにどんな話をしても彼女がその内容を受け止めてくれてめちゃくちゃ考えてくれるので、そのあたりは話していて衛藤さんと似たものを感じています。でも僕が元々マイペースなんで、話の展開とか適当になっちゃうこともあるのは本当に申し訳ないです…これはもう直ることはないんですけど度々反省はしてるので…() でも3rdの最後に守屋さんが僕に残してくれた言葉はシンプルに嬉しかったです。

次のシングルはまとめて券は取れてないし、全握のまとめをするつもりもないので、ループで少しずつ言葉を交わすだけになるから、中身の濃い話は出来ないかもしれないけど、この先ずっとこうなるかってなったらそういうわけでもないと思うので、4thはちょっとお休み期間にするつもりです。今のような関係で少しはアドバンテージがあると思うから、無理もしなくていいかなと。ここから言葉の力が試される時かなって思っています。やっぱりあの握手の時間の短さで互いの気持ちを読み取るには流石に限界はあるんですけど、出来る限りのことはやりたいなって思ってるので。4th期間は自分にお金使おうかなって思ってます()

自分の中ではある程度3rdの段階で一段落した感があるので、顔を拝みに行くくらいのスタンスでやっていこうと思います。やっぱり守屋さん可愛いんだよな。(笑)

次からはシンプルにお互いが笑顔になれる握手になればいいなと。後はもっとステージ上の守屋さんを見たいので、出来る限りの範囲でライブも積極的に行きたいなって思っています。

様々な思惑が飛び交っているけど、自分は自分らしく。あの子が教えてくれたことを自分にも置き換えて過ごしていくつもりです。




3rdの期間で特に守屋さん推しの方と知り合ってたくさんお話出来て、レーンに行くのが最近は少し楽しみだったりします。

皆さん本当に暖かい方ばかりで…僕の話にも付き合ってくださって…いつもいつもありがとうございます。4thもよろしくお願いします。

そして守屋茜ちゃん、3rdお疲れ様でした。
4thもこんな僕ですがよろしくお願いします。





それではまた( ´ ▽ ` )ノ





2017/3/4 二人セゾン 幕張個握


どうも( ´ ▽ ` )ノ


前回の握手で一方的に話しちゃったんで、なんか言いたい事ないのかな〜って思って茜ちゃんタイムにしようとしていたのですが、特に何も無かったみたいなので()、結局今日もこっちから伝えることばかりでした。(笑)

最初可愛すぎて話飛んで「珍しいね!ちゃんと話考えてきたんじゃないの!(笑)」と突っ込まれたり、グダグダな感じにはなったけど、今までのまとめの中じゃ1番楽しかったし、お互い笑顔になれたから個人的には大満足です。

推し全肯定ヲタク()なので、いつもよいしょよいしょ持ち上げるスタイルでやっているのがどうなのかっていうのは時々考えることなんですけど、あの短い時間で自分の思いを正確に伝えるのは不可能だし、出来るだけ要所要所伝えたいところだけ切り取っているから、こういう感じになっちゃうんですけど、最後に伝えてくれた「いつもいつもありがとう。はるぴょんには感謝してる。4thもよろしくね!」という言葉で、救われたじゃないですけど、自分の言葉の力がしっかり使えてるのかなって思って、これからもマイペースにこのスタンスでやっていこうって決意させられたいい1日になりました。これからはひっそりとヲタクします…踏み込んだ話を話す気力も財力もないので、あの子をただシンプルに応援してる1人のヲタクになるというのを肝に銘じて、ゆるーく顔出して行きたいと思います。

もうちょっと深いところの話とか諸々のまとめはまた総括に書きたいと思います。

お疲れ様でした。





守屋茜

4部 3(1ループ→2まとめ)
5部 11(11まとめ)

渡邉理佐

4部 1







2017/3/4 サヨナラの意味 幕張個握


どうも( ´ ▽ ` )ノ


周りが券結構取れてて自分の少なさに絶望してたんですが…(笑)

前回の握手からここまでの間に、フロント、舞台、声優、ユニットなどなど…決まったことが沢山あって、シンプルにおめでとうと思ったところはもちろんあったんですけど、今の状態から更に忙しくなるから大丈夫かな…と心配していたんですが、モバメで伝えてくれた言葉を見て安心したというか、流石衛藤美彩だなってプロ意識の高さを改めて感じました。

僕は舞台とユニットについてお話してみました。舞台に関しては、いつもと全然違うからと伝えてくれたのですが、多分今まで見たことないものをステージの上で表現してくれるんじゃないかなと思っています。今まで現場で衛藤さんの舞台を見たことがなかったので、非常に楽しみにしています。

ユニットに関しては、曲自体が僕の好みの曲で、衛藤さんの声も沢山聴けるから、めちゃくちゃお気に入りです。

衛藤さんも歌割りたくさん貰えて嬉しいだとか、MVもかなりお気に入りだということで、こちらもとても楽しみにしています。

デコ出し最近お気に入りみたいですね(笑)

今日も初めて会う方が沢山いて、とてもありがたかったです。




諸々はまた総括に書きます。

お疲れ様でした( ´ ▽ ` )ノ






衛藤美彩

2部 2(2ループ)
3部 1




2017/2/22 乃木坂46 5th Year Birthday Live Day3


どうも( ´ ▽ ` )ノ




Aゲート 200レベル 213扉 14列




【セットリスト】

M00 OVERTURE
M01 太陽ノック
M02 おいでシャンプー
M03 今、話したい誰かがいる
M04 春のメロディー
M05 扇風機
M06 ぐるぐるカーテン
M07 水玉模様
M08 涙がまだ悲しみだった頃
M09 音が出ないギター
M10 やさしさなら間に合ってる
M11 渋谷ブルース
M12 シャキイズム
M13 他の星から
M14 初恋の人を今でも
M15 気づいたら片想い
M16 何もできずそばにいる
M17 その先の出口
M18 私、起きる
M19 ハルジオンが咲く頃(3期生ver.)
M20 白い雲にのって(3期生ver.)
M21 ハウス!(3期生ver.)
M22 なぞの落書き
M23 傾斜する
M24 誰かは味方
M25 あらかじめ語られるロマンス
M26 立ち直り中
M27 もう少しの夢
M28 別れ際、もっと好きになる
M29 隙間
M30 大人への近道
M31 憂鬱と風船ガム
M32 釣り堀
M33 光合成希望
M34 空気感
M35 口約束
M36 かき氷の片思い
M37 低体温のキス
M38 命の真実 ミュージカル「林檎売りとカメムシ
M39 僕だけの光
M40 二度目のキスから
M41 君に贈る花がない
M42 何度目の青空か?
M43 君の名は希望
M44 きっかけ
EN1 ロマンスのスタート
EN2 そんなバカな…
EN3 乃木坂の詩
EN4 ガールズルール



まず会場入って思ったのは、メインステージがめっちゃご立派になっているってことでした。

特に前回のバスラに関してはただ全曲歌いました感が強くて、演出に関してだいぶ厳しい意見を言っちゃったと思うんですけど、今回ライブ始まって、目でも耳でも沢山楽しめるなって感じました。

ところどころ演出凝ってる部分が見受けられて、またライブ行きたいなって前回よりも強く思いました。

1番印象に残ったのはステンドガラス?の色が綺麗だな〜って、メンバーよりそっち見ちゃってました(笑)

後はオーケストラの生演奏良かったですね。
ついついサイリウム振るの忘れてて聴き入っていました…あれ聴くとピアノ弾きたくなっちゃうんですよね(笑)(昔は弾けました)




衛藤さんに関しては安定の可愛さでした。連番相手に衛藤さんが近くに来る度にずっと可愛いって言ってましたごめんなさい。()

レスには無縁の席だったので、ある意味振り切ってライブ見れてたかなって思っています。

誰かは味方、今誰、空気感などなど…割と衛藤さんの歌声が聴ける曲が今日は多かったと思うので、個人的には大満足です。

推し全肯定ヲタク()なので、ライブで衛藤さんが笑顔で輝いていれば僕は満足ですし、その姿が今日も充分見れてお腹いっぱいです( ´ ▽ ` )ノ

ただひとつ思ったのは、ライブ中に結構過去の映像流れてきて、別に懐古したい訳では無くて、あの時に自分がどういう感情だったのかっていうのが思い返せないから、古参とかにこだわるわけでは一切ないんですけど、やっぱり初期から見続けていくことには意味があることなのかなって改めて感じました。

その点欅は初期から見続けてさせていただいて、環境には恵まれているので、結局は乃木欅どっちも見続けていくよっていうことを今日のライブで更に意識し始めました。




後は少し気になっていた3期生を初めて生で見れたこと。

既に人気の高い美月ちゃん、与田ちゃん、久保ちゃんは本当にポテンシャルの塊だなって見受けられて。

でも自分が気になったのは、梅澤美波ちゃんでした。3期生のライブ中はずっと美波ちゃんを見ていました。

そもそもルックスが好きで。まあ衛藤さんと守屋さんみたいな感じがタイプだっていうのを知っている人には、明らかにタイプだってわかると言われました。(笑)

それに加えて、元々彼女の紡ぐブログの文章が好きで、3期生のブログは美波ちゃんだけ全部見てました。ファンの人を凄く大切にしているなっていうのが伝わってくるし、自分に厳しく色んなことを乗り越えていこうっていう強い意志が感じられました。

今日初めて生で美波ちゃんを見て、スタイルが良すぎるっていうのが第一印象で、まだまだ荒削りだけど、長い手足を生かした表現が出来たら凄く面白そうな子だなって見てて思いました。

推すかどうかってところになると…とりあえずこれは自分の中に留めておきます。(笑)




✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄




橋本奈々未さんご卒業おめでとうございます。

一時期橋本奈々未さんと深川麻衣さんと衛藤美彩さんの3人の中で推しを誰に絞ろうか考えていた時期を思い返せば、今現在唯一残っている衛藤美彩さんを推しているのも運命の悪戯なのかなと感じています。

ありがとうとか感謝していますとかいう感情ももちろんあるんですけど、1番に思うのは「お疲れ様でした」という感情かなって思っています。

表向きにはあまり伝わらないかもしれないんですけど、メンバーに与えていた影響力っていうのはかなり大きなものであったと思うし、桜井玲香さんも「ななみんの言葉には説得力がある」「ななみんに褒められると嬉しい」って言っていたので、しばらくはグループの中でも奈々未さんロスが起こるんじゃないかなって感じています。

たとえ他の人からアドバイスを貰ったとしても、それをストレートに受け取るのではなく、自分のオリジナルに書き換えて自分の中に取り入れているから、橋本奈々未という芯の通った1人の人間が成り立っているのではないかなって思っています。

5年半のアイドル生活も、あらゆる場面において橋本奈々未を貫き通した結果が生み出したものであると感じているので、それに対して「お疲れ様でした」って一言卒業に言葉を添えたいなと思います。

またいつか何処かで会いましょう!

幸せになってください。



✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄



同い年の奈々未さんがついに卒業して。あのステージを見て思うことは本当に色々あったと思います。
深川さんの卒コンが終わってから、モバメで長文で伝えてくれた事。今でもはっきりと覚えています。
また改めて同じこと感じたんじゃないかなって心の中で思っています。

御三家がどうとか特に92年組が絡んでくる曲とかになると色々な意見が沢山あるけど、多分本人達が一番その括りを気にしていないと思うし、奈々未さんがいなくなったからどうだっていうのは、シンプルに互いに同い年として与えていた影響力の強さを改めて感じることになるのかなって思っています。

今応援していることのゴールがどこにあるかって聞かれたら、僕は「衛藤美彩さんの夢が一つずつ叶っていく姿を見ていきたい」って答えます。

それが乃木坂46の中であっても、乃木坂46を卒業してからであっても同じことです。

そのために自分に出来ることは何かを考えながら、今は乃木坂46のメンバーとして輝いている衛藤美彩さんの姿を見続けていきたいと思います。

前日に今年の目標として教えてくれた一つの舞台のお仕事が決まりましたね。本当に一つ一つ自分のやりたいこと叶えていく姿はずっと変わらないままで、また尊敬の念が増しました。

可能な限り自分の目で舞台上で輝く衛藤美彩を見たいなって思っています。

ワクワクすること増えた(^^)



✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄



流れゆく変化に対応していくって大事ですね。

ではでは( ´ ▽ ` )ノ